投稿

ロタウィルス胃腸炎のこと

子どもたちが急に嘔吐し、それに伴って下痢が生じた時、一般には「嘔吐下痢症」と呼ばれます。原因のほとんどがウイルスなので「ウイルス性胃腸炎」とも呼ばれます。 ウイルス性胃腸炎ではノロウイルスが有名になりましたが、子どもではロタウイルス胃腸炎がもっとも重症になりやすく、脳炎などの合併症も起こします。生後5-6ヵ月からかかりやすくなります。 ロタウイルスには多くの種類があり、ウイルスごとの抗原の違いやできた免疫が弱いために、3-5歳頃まで何回もかかることもあります。重症になるのは、主に最初の1-2回です。日本では冬から春にかけて流行が見られ、毎年80万人が外来を受診し、8万人が入院、約10人が死亡すると言われています。ロタウイルスワクチンにより、重症になるのを約90%防ぐことができます。   […