ロタウィルス胃腸炎のこと

子どもたちが急に嘔吐し、それに伴って下痢が生じた時、一般には「嘔吐下痢症」と呼ばれます。原因のほとんどがウイルスなので「ウイルス性胃腸炎」とも呼ばれます。 ウイルス性胃腸炎ではノロウイルスが有名になりましたが、子どもではロタウイルス胃腸炎がもっとも重症になりやすく、脳炎などの合併症も起こします。生後5-6ヵ月からかかりやすくなります。 ロタウイルスには多くの種類があり、ウイルスごとの抗原の違いやできた免疫が弱いために、3-5歳頃まで何回もかかることもあります。重症になるのは、主に最初の1-2回です。日本では冬から春にかけて流行が見られ、毎年80万人が外来を受診し、8万人が入院、約10人が死亡すると言われています。ロタウイルスワクチンにより、重症になるのを約90%防ぐことができます。   […

ロタウィルスとワクチンの話

ロタウイルスという名前をご存じでしょうか? ロタウイルスによる感染症は寒い時期における乳幼児下痢症の主な原因です。潜伏期は約2日で、突然始まる嘔気・嘔吐に下痢を伴います。酸臭のある米のとぎ汁のような白色の下痢便が特徴です。 特に生後6ヶ月から2歳までの子どもたちの場合、重症化することがあります。子どもたちが感染すると約10%が下痢による脱水や合併症の治療のために入院すると言われています。合併症の中には、重症の脱水に加えて、けいれん、脳炎・脳症も知られており、死亡例も報告されています。 昨年末より、経口のロタウイルスワクチンでこの病気の予防が可能となりました。接種期間は生後6週から24週までと限られた期間になっています。ヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンとの同時接種が可能ですので、三種混合やBCGの接種も含めて、ぜひ早めのスケジュールを主治医の先生と相談してみてください。   […

総合質問集

  # 急な発熱、夜間や休日に救急外来…